〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町 2-3-8
JR阪和線津久野駅より徒歩4分

診療時間
09:00~13:00 × ×
14:30~19:00 × ×

※受付時間は午前が12:30まで、午後は18:30まで
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

072-271-0018

ホワイトニングはしみる?
その原因と対処法をご紹介! 

「歯のホワイトニングをしてみたいけど、痛みやしみるのが不安…」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そもそも、ホワイトニングとは何か?歯のクリーニングと何が違うのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、歯のホワイトニングとクリーニングの違いや、歯をホワイトニングするとしみる症状は出るのか、その原因と症状が出た時の対処法を詳しくご紹介させていただきます。

歯のホワイトニングとクリーニングの違い

歯のホワイトニングとクリーニングは、何が違うのか分からない方もいらっしゃると思います 。
分かりやすく言いますと、歯のホワイトニングは「歯を漂白(ブリーチ)」し、歯自体を白くします。
歯のクリーニングは、「歯の表面についた着色汚れなど、専用の機械を使って除去」して歯本来の白さに戻すのです。
 
歯のホワイトニングは、主に過酸化水素を使用して化学的に歯を漂白していきます。
この「過酸化水素」を使用したホワイトニングは、歯科医院でないと行うことが出来ません。
歯科医院で行っているホワイトニングの種類は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、デュアルホワイトニングなどの種類があります。
 

ホワイトニングがしみる原因

ホワイトニングをすると、しみる症状が出る人もいれば症状が出ない人もいます。

では、なぜしみる症状が出てしまうのでしょうか?

それは、ホワイトニングで使用する薬剤の刺激によって「知覚過敏」の症状が出てしまっているからです。

 

歯の表面は、エナメル質(体の組織の中で一番硬い)・象牙質(エナメル質より内側にある)・歯髄(歯の神経)などの組織でできております。

中でも象牙質は刺激に敏感なため、エナメル質に傷がついて守られていないと、外部からの刺激に対して、痛みやしみると言った不快な症状を感じやすくなります。

エナメル質が傷つく原因はどんなものがあるのでしょうか?

 

①むし歯

むし歯は、歯の表面を酸によって溶かされ穴が空いてしまっていますので、そこにホワイトニングの薬剤が触れると、痛みを伴います。

ホワイトニングを始める前にむし歯の治療は終わらせておいた方が良いです。 

 

②歯周病

歯周病で歯茎に炎症が起こっていたり、歯茎が下がって象牙質が露出した状態になると 、そこにホワイトニングの薬剤が触れて、痛みやしみる症状が出てしまいます。

 

③噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと、一部の歯に強い力がかかってしまいダメージを与えるため、目には見えないような傷が歯の表面に出来てしまい、しみる症状が出てしまいます。

 

④歯ぎしり・食いしばり・強いブラッシング圧

歯ぎしりや食いしばりも、強い力が歯に加わってしまっているため、歯の表面に傷をつける原因となります。また、歯ブラシ圧が強い方も注意が必要です。

 

その他にも、ホワイトニングの薬剤の濃度が濃いと、しみる症状が強くなります。また、ホワイトニングの薬液が歯茎や粘膜に付着すると痛みが出やすくなるので、その場合はふき取ってください。

 

ホワイトニングがしみるときの対処方法

ホワイトニングで知覚過敏が起こってしまっても一時的なもので、時間の経過とともに治まりますが、痛みやしみる症状を軽くする方法もあります。

 

①痛み止めを飲む

どうしても痛みに耐えられない場合は、痛み止めを飲むのも一つの手段になります。

 

②熱すぎる物や冷たすぎる物は控える

ホワイトニング後は、歯が刺激に敏感になっているので、熱すぎる物や冷たすぎる食べ物は、なるべく控えるようにしましょう。

 

③知覚過敏用の歯磨き粉で歯を磨く

知覚過敏用の歯磨き粉は、歯面を守る作用がありますので、使用することで少しずつ症状も緩和されていきます。

 

④知覚過敏を抑制する薬を塗布する

歯茎が下がり象牙質が出て、そこにホワイトニングの薬剤が触れると痛みを感じやすくなるため、知覚過敏抑制剤で歯面を守ってもらうと、痛みが出るリスクを軽くすることができます。

 

まとめ

歯のホワイトニングは「歯を漂白(ブリーチ)」し、歯自体を白くします。

ホワイトニングをして痛みやしみる症状が出てしまうのは、知覚過敏が原因です。知覚過敏は歯の表面にあるエナメル質が傷ついてしまうことで起こります。

その原因の一つに、むし歯や噛み合わせの悪さなどがあります。ホワイトニングをしても、痛みやしみる症状が出ない人もいれば、症状がでる人もいるのは、知覚過敏が起こっているかどうかによるものです。

 

ホワイトニングで知覚過敏が起こってしまっても一時的なものであり、時間の経過とともに治まりますので安心してください。

どうしても、痛みやしみる症状が気になる方は、痛み止めを飲むなどの対処をしましょう。

 

クレモト歯科では、お口全体のことを考えて、虫歯などの治療が必要な場合は、治療計画を立てながらホワイトニングを行います。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

072-271-0018

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~19:00

※受付時間は午前が12:30まで、午後は18:30まで
休診日:木曜・日曜・祝日

医療法人時和会 クレモト歯科診療所では一緒に働いてくださる仲間を募集中です!