〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町 2-3-8
JR阪和線津久野駅より徒歩4分

診療時間
09:00~13:00 × ×
14:30~19:00 × ×

※受付時間は午前が12:30まで、午後は18:30まで
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

072-271-0018

ホワイトニング後の食事の注意点とは?
基本的なポイントをご紹介

歯が白いと実際の年齢よりも若く見えたり魅力がより増して見えたりと、いいことばかりです。また近年、歯を白くするためにホワイトニングをする人が増えているのも事実です。

 

この記事では、そんなホワイトニング後の注意点やポイントなどについてお話します。

 

ホワイトニング後の再着色

オフィスホワイトニングの場合はホワイトニング後の約24時間、ホームホワイトニングの場合はトレーを外したあとの約3~4時間が再着色しやすいと言われています。そのため、この時間は着色しやすい喫煙や飲食物の接種を極力避けるようにしましょう。とくにオフィスホワイトニングをした直後は、ペクリルと呼ばれる歯の自然な皮膚がなくなっている状態です。そのような状態のため、この時間は色が抜けやすい状態でも入りやすい状態でもあるのです。ペクリル自体も色がつきやすい性質があります。通常、ペクリルが再生されるのに24~48時間ほどかかると言われています。少なくとも、施術後24時間以内だけでも食事等に気をつけるようにしましょう。

 
 
 

ホワイトニングのあと避けた方がいい食事

ホワイトニング後は、以下のような食べ物を口にしないよう気をつけましょう。

[ポリフェノールを多く含む食品]

赤ワイン、大豆、ぶどう、ココア、チョコレート

 

[飲みもの]

お茶、炭酸飲料 、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラ

 

[色が濃い食品]

カレー、しょうゆ、ケチャップ、ソース、ほうれん草、その他着色料を使用した食品

 
 
 

ホワイトニングのあとに口にするのにおすすめの食べ物・飲み物

避けた方がいい食事として濃い色の食品を挙げましたが、逆に白い食べ物や色の薄い食べ物を食べることをお勧めします。例えば、水、牛乳、ヨーグルト、チーズ、白ワイン、色の薄いビール、鶏肉、ナッツ類、白身魚(醤油なし)、大根、里芋、パン、フライドポテト、ポテトチップス(塩味)、米、おかゆ、ラーメン(とんこつ、塩、バター)、カルボナーラなどのホワイトソース、貝柱、エビ、しらす、お吸い物、白味噌汁といったものが挙げられます。

 
 

着色しやすいものを口にしてしまった時は?

どうしても我慢できず色の濃いものを飲む際は、ストローを使用してなるべく歯の表面に濃い色のものが触れないようにしましょう。できれば飲んだあと5分以内にブラッシングをすることが好ましいですが、難しい場合は口をゆすぐようにしましょう。口をゆすぐだけでも汚れをずいぶんと洗い落とすことができるためおすすめです。また牛乳などの乳製品は歯の表面をコーティングする作用があるため、濃い色の食品を食べる前に飲むことで着色を防ぐことにつながります。

 
 

さいごに

ここまでホワイトニング後の飲食の注意点やポイントなどについてご紹介しましたが、当院でも効果を実感しやすいだけでなく、白さが長持ちするホワイトニングを提供しています。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

072-271-0018

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~19:00

※受付時間は午前が12:30まで、午後は18:30まで
休診日:木曜・日曜・祝日

医療法人時和会 クレモト歯科診療所では一緒に働いてくださる仲間を募集中です!