診療内容
インプラント

まるで自分の歯のように嚙めるインプラント


インプラント治療とは、歯を失ったあごの骨に人工歯根を埋入し、そのうえから人工歯を装着することで噛む機能を回復させる治療のことです。
埋入した人工歯根は歯ぐきとしっかり結合するので、噛み心地はまるで自分の歯のように自然です。最近ではインプラント治療を行っている歯科医院も多くなりましたが、それに伴って事故やトラブルなども多くなっているというのも事実です。
当院では確かな技術を持つインプラント専門医がインプラント治療にあたっていますので、どうぞご安心ください。他院にて治療が難しいと言われた方も、まずはご相談いただければと思います。

設備紹介


より精度の高いインプラント治療をご提供するため、当院では以下の設備を採用しています。
精密な診断のためにCT
従来のレントゲンよりも正確な画像データを取得できるCT。
あごの骨の状態を立体的に把握することができ、インプラント治療の可否や埋入位置などを精密に決められるようになりました。
術前シミュレーションソフト シムプラント
インプラントの術前に行う3D画像を用いたシミュレーションソフトです。
インプラントにおける安全性や審美性、機能性などをあらゆる角度から検証します。
事前にシミュレーションを行うことで患者さんの治療計画への理解も深まりますし、治療自体の安全性も格段に向上します。
ドリルのブレを防ぐ サージカルガイド
人工歯根の埋入はドリルを用いて行われ、その際に使われるのがサージカルガイドで、ドリルの着地点・角度を正確に導くとともに、ブレ防止の役割も持ちます。このサージカルガイドを使用することで角度のブレによる不具合などを最小限に抑えられます。
安心の10年保証

当院のインプラント治療は、患者様にご安心いただくために10年の保証の認定を受けております。
インプラントの手術完了後にインプラントのキズや欠陥によりインプラントが折れたり、事故や堅いものを食べてインプラントの上部構造が破損した場合に定期的なメンテナンスを条件に、無償で再治療を受けることが可能です。詳しくは当院までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

インプラント手術


ブリッジよりも格段に安定がよく、健康な歯を削る必要もありません。
外見上も不自然さがなく、しっかり固定され、ほかの歯に負担をかけません。
また、咬む力もあり天然の歯と変わらない食感を楽しめます。
  • 1次手術
    (人工歯根の植え込み)

    専用のドリルで歯槽骨に穴を開け、インプラント(人工歯根)を埋め込み、歯肉を縫い合わせてふさぎます。

  • 2次手術
    (土台をとりつける)

    歯肉を切開し、口の粘膜に埋まっていたインプラントを露出して、その上に土台を取り付けます。

  • 補綴処置

    土台の上に【かぶせもの】や【ブリッジ】、【入れ歯】を装着します。

インプラントのメリット


  • 自分の歯のようによく噛める
  • 見た目の自然な美しさ
  • 噛み合わせがいい
  • まわりの歯を傷つけない
  • 顎の骨が痩せるのを防ぐ
※アレルギーについて
現在、インプラントに使用されている材料は、生体親和性(生体とのなじみ)に優れ、拒絶反応などを起こすことがないことが証明されています。アレルギー体質で、インプラントに不安を感じる場合は、パッチテストという試験を受けてみるといいでしょう。

ブリッジと入れ歯


ブリッジとは

失った歯の本数が少ない場合によく使われる方法です。
取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定していますし、咬む力も回復できます。
しかし、ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかけ、ブリッジを支える健康な歯を削らなければなりません。

  • 成形

    抜歯した隣の歯(支台歯)を削り、形をととのえます。

  • 印象

    トレーに柔らかい印象材をのせたもので歯の型を取ります。口の中で硬化するのを待って取り出します。

  • 咬合

    専用のワックスをしっかり噛んで上下の歯の咬み合わせを採ります。

  • 装着

    後日、できあがったブリッジを装着し、咬み合わせたを調整します。

部分入れ歯

取り外しができるのでブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがあります。
しかし、不安定なため咬む力は弱くなります。さらに、違和感がある場合が多いようです。

  • 印象

    トレーに柔らかい印象材をのせたもので歯の型を取ります。口の中で硬化するのを待って取り出します。

  • 咬合

    専用のワックスをしっかり噛んで上下の歯の咬み合わせを採ります。

  • 装着

    後日、できあがった入れ歯を装着し、調整します。その後の症状により何度か調整します。

  • メンテナンス

    食後はブラッシングをして清潔にしましょう。痛みなど異常な場合は我慢をしないで歯科医師に相談して下さい。また、半年~1年に1度は定期検診を受けましょう。

総入れ歯

部分入れ歯よりも、さらに安定が悪くなります。
歯茎全体で入れ歯を支える形になり、咬む力もかなり弱くなります。
食べ物の咬み心地が分からないため食べる楽しみも失われ、顎の骨がやせて合わなくなるとつくりなおす必要があります。

072-271-0018
  • お問い合わせはこちら
  • 歯科タウン
診療時間
9:00~
12:30
××
14:30~
20:00
×××

【受付】午前12:00まで、午後19:30まで

COPYRIGHT(C) 医療法人クレモト歯科診療所
ALL RIGHTS RESERVED.