〒593-8322 大阪府堺市西区津久野町 2-3-8
JR阪和線津久野駅より徒歩4分

診療時間
09:00~13:00 × ×
14:30~19:00 × ×

※受付時間は午前が12:30まで、午後は18:30まで
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

072-271-0018

小児歯科のデビューはいつから?
おすすめのタイミングと治療について

「子どもの歯は、大きくなったら大人の歯に生え変わるから、むし歯になっても歯医者さんに行かなくても大丈夫…」などと思ってはいませんか?

確かに、子どもの歯はいつか抜けてしまいますが、子どもの歯は大人の歯とは違い、歯質が軟らかく、むし歯が進行しやすいのです。

大人の歯と比べ、子どもの歯のエナメル質や象牙質は薄く、大人の歯の半分ぐらいの厚みしかありません。

大人でも、歯医者が苦手な方がいらっしゃいますが、子どものうちから歯医者に慣れ、自分の歯を守ることは大事なことだと思います。

今回は、小児歯科にはいつ、どのタイミングで行き始めたらいいのか?小児歯科の治療について、まとめていきたいと思います。

小児歯科とは?

小児歯科は、子どもの歯のむし歯予防や、治療を主に行います。

対象年齢は、その歯科医院によってバラバラです。特に明確な定めは無いので、だいたい0歳~18歳くらいまでを対象としております。

小児歯科では、むし歯予防のために、定期的な検診や子どもへの歯磨き指導、親御さんへの歯科指導などを行う場合があります。

小児歯科と一般歯科の違いについて

小児歯科と一般歯科は、どちらも、むし歯の治療などに対応していますので、基本的なことは変わりありません。

小児歯科の場合、子どもが怖がったりしないように楽しめる空間作りや、一緒に来院した親御さんが安心できるような雰囲気づくりをしているという所が、小児歯科ならではの特徴と言えます。

また、子どもの場合は、身体の成長を視野にいれた治療計画を立てます。

将来の歯並びなども考え、後に生えてくる大人の歯に悪影響が出ないよう、歯の成長を考慮しながら治療を行うのです。

子どもの歯の専門的な治療となると「小児歯科」という看板を掲げられている歯科医院の方が、治療を安心して任せられる傾向にあります。

小児歯科のデビューはいつから?

小児歯科のデビューに年齢などの決まりは特にありません。実は、歯が生え始めたらむし歯のリスクはあります。

多くの自治体が、1歳半と3歳に歯科検診を行っていますが、歯が生え始めるのは生後6~9か月ごろなので、最初の歯が見えてきた頃を目安にするのが良いかもしれません。

歯がむし歯で痛くなってしまってからだと、「歯医者さん=痛い・怖いところ」というイメージがついてしまいますので、まだむし歯の治療をしなくても良い段階(フッ素塗布や定期健診など)から、歯科医院を受診する習慣をつけると良いですね。

 

小児歯科の治療について

小児歯科の治療は、むし歯の治療だけではなく、シーラントやフッ素塗布などを行います。

シーラントとは、奥歯の溝をプラスチックのようなもので埋める治療です。

なぜ、シーラントをするのかと言いますと、乳歯の奥歯は、溝が多くて深いため、食べカスや、磨き残しが多くなってしまいます。

子ども一人ではなかなか歯磨きが上手く出来ず、磨き残しが原因で、むし歯になってしまうのを予防するためにシーラントを行うのです。

実は、子どもの歯と大人の歯は同じように思える歯でも、特徴が大きく違います。

子どもの歯のエナメル質や象牙質は薄く、大人の歯の半分ぐらいしか厚がありません。

また、歯質も軟らかいので、むし歯になってしまうと進行しやすいのが特徴です。

子どもの歯のむし歯の特徴は、急に進んでしまう「急性う蝕」というタイプのむし歯で、白っぽい色をしているため分かりにくく発見が遅れてしまうこともあります。

この急性う蝕は、進行が早く、痛みが出る前に、中でかなり大きくなってしまい、痛みはないのに神経までむし歯が進んだ状態になることがあります。

 

なぜ、むし歯になってしまうのかと言うと、「歯の質」「糖質」「細菌」の3つの原因が重なることで、子どもの歯は虫歯になってしまいます。

歯に穴が開いてしまうようなむし歯は、削って金属やプラスチックで詰めて治します。

もっとむし歯が深くなり痛みがひどい歯は、神経を取るような治療をして金属の冠をかぶせたりもします。むし歯が深くて痛みがひどいむし歯は、麻酔をして治療しますが、その分、治療に時間がかかるため、子どもにとっては嫌な事のほうが多いかもしれません。

子どものうちから、むし歯予防を意識することで、将来、その子の大人の歯を守ることにもつながります。

日々、ご家庭での歯磨きはもちろんの事ですが、定期的な歯科検診も大切になります。

まとめ

小児歯科の対象になる年齢は特に明確な決まりはなので、歯が生え始めた頃から高校生くらいまでと幅広いです。

歯が生え始めると、むし歯のリスクはありますので、まだむし歯の治療をしなくてもいい段階から歯科医院に慣れ受診する習慣をつけると良いでしょう。

子どものうちから、むし歯予防を意識することで、将来、その子の大人の歯を守ることにもつながります。

当院では将来生え変わる永久歯のためにも、乳歯が虫歯になる前の定期検診や毎日のホームケアが重要だと考えており、お子様のお口の健康を守るためのお手伝いをさせて頂きます。

小児歯科をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

072-271-0018

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~19:00

※受付時間は午前が12:30まで、午後は18:30まで
休診日:木曜・日曜・祝日

医療法人時和会 クレモト歯科診療所では一緒に働いてくださる仲間を募集中です!